FC2ブログ

10月≪ 2007年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
スポンサー広告  | Top↑
2007.11/30(Fri)

初めてのお客さま 

2007年11月30日

引越しをしてから主人以外の人が私の自宅に来るのは初めてだ。
なにせ私は、この土地に友人という友人がほとんど居ないので、来客なんて当分ないと思っていたら、意外と早く初めてのお客さまが来る事になった。

例の友人の奥さんだ。
少し前、随分落ち込んでいた様子だったので私も気がかりだった。
それに新幹線の中で友人でもある彼女のご主人とと話した内容も、少し気にかかる。

夕方、仕事後に彼女は私の自宅にやってきた。
お弁当を買ってきてくれると言っていたので、私はデザートを用意して待っていた。

まずは夕食を済ませ、彼女の話を聞いてみた。

「どうも女がおるみたいなんよね・・・」

「えっ!?」


私は一瞬ビックリしたが、実は私も少しそんな気がしていた。

彼女の話をたくさん聞いた。
その上で私は今までと違った意見を言った。

「ねぇ、今幸せ?」

「う~ん・・・正直言うと結婚する前の方が幸せだった・・・」

「私は2人とも知っているし、できれば仲良くやってほしい。でも、最近思うの。あの人といて幸せだと思ってるのかな~って・・・」


新幹線で彼が言った言葉を伝えることはできない。でも私なりの考えを話した上で

「別に勧めるわけじゃないけど、よく考えて場合によっては離婚も考えてもいいんじゃない?」

と言った。私が彼女に離婚を考えてもいいんじゃない?と言ったのはこれが初めてだった。

私の中では男性なら浮気なんて正直、一度や二度あるだろうと思っている。
女性だってあると思う。
浮気していようが浮気していまいが、要は友人が彼女のことをどう見ているかだと思った。
私は新幹線で友人と話した内容がどうしても気になった。
友人のことを思えば離婚はしない方が良いとは思う。彼は今回が3度目の結婚だ。
それに、彼女は彼の事を愛している。
でも、彼女のことだけを考えたら離婚も視野に入れてもいいのではないかと思った。

これは、あくまでも私の考えだということを説明し、しばらく様子を見てみたら?と言った。




  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/28(Wed)

友人からの連絡 

2007年11月

少しこの家にも慣れてきた。
睡眠は上手く取れないけれど、インテリアを頑張ったので居心地はなかなか良い。

最近、友人の奥さんから頻繁に連絡がある。
どうしても相談したいことがあるから時間を取ってほしいと言われた。
急いでいるようだったので、2日後自宅に来てもらうことになった。

今は睡眠以外は調子が良いので、話を聞いてあげることができそうだ。
少し前に彼女が「少し鬱っぽい」と言っていたことが気がかりだったので、
私も会おうと思った。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/26(Mon)

一人暮らし開始 

11月26日

とうとう一人暮らしのスタート!

東京から帰ってきてからは、新しいお家の掃除や家具の購入、荷物の搬入等で大忙しだった。夜、遅い時間まで主人が一緒にいてくれたが、一人で大丈夫と言って主人には帰ってもらった。主人にもいつまでも甘えてばかりいられない。

早めにベッドに入り就寝体制につくも、緊張しているのか眠れない。
睡眠薬を飲んで再びベッドへ・・・

何とか眠れたけれど、眠りが浅かったのだろう、一晩中夢を見ていたような気がする。
とにかく慣れだ。慣れるまでは少し睡眠が難しいかもしれないけれど、早く慣れよう。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/10(Sat)

とうとう帰る日 

2007年11月10日

今日はとうとう帰る日だ。
帰るのは少し寂しい気もするが、友人宅に居候するわけにもいかない(笑)

この日は横浜で友人と待ち合わせをしていた。
滞在中、お世話になった友人も出かけるとの事で途中まで一緒に電車で向かった。

横浜到着。久々の友人との再会。
彼女と会うのは何年ぶりだろう・・・
昔は毎日のようにメールしたり、仕事帰りにお茶したり、お家に泊まりに行ったり・・・
懐かしい思い出が甦る。
そんな友人も今では2児のママだ。月日が経つのは早いものだ。

久々に友人と再会し、なんとも言えない気持ちになった。
彼女には、東京に行く少し前に私の病気の事を話しておいた。
彼女はあえて理由は聞かなかったが、その優しさが私には嬉しかった。
会ったときに話すね・・・と言っていたけれど、結局この日は病気の話はしなかった。
彼女も私が話さないので、あえて聞いては来なかった。
私は久しぶりに会うんだから楽しい時間を過ごしたいと思い、あえて話さなかった。

実は彼女には英語を教えてもらっている。
英語の勉強方法を相談したら、2日後には彼女が昔使っていた参考書やら辞書やらが送られてきた。とっても心強い私の先生だ(笑)

参考書なんかと一緒に「LUSH」のソープやシャンプーなどをたくさん入れてくれていた。
使ってみると私もすっかりはまり、お茶した後に2人でLUSHのお店に向かい楽しい時間を過ごした。

でも、やはり楽しい時間はあっという間に過ぎるもので新幹線の時間が迫ってきた。
また必ず会おうねと約束し、私は新幹線に乗った。

あっという間の東京滞在。
でも、思い返せば随分と回復したものだな~。
約1年前には自宅の隣にあるコンビニに行くのも精一杯だった私が、1人で新幹線に乗って東京まで来て、会いたい友人にも会えた。
新幹線だけでなく、いろんな電車にも乗った。

次に東京に来るときは、治っているといいな・・・



  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/09(Fri)

東京滞在3日目 

2007年11月9日

この日は夜から飲み会の予定が入っていた。
急遽東京行きが決まったにも関わらず、忙しい中時間を割いてくれた元上司や
同僚など合計6名で居酒屋に集まった。
本当に久しぶりの再会で、すごく楽しかった♪

私は先生からアルコールは禁止されているので、ウーロン茶で乾杯(涙)
飲み会の掛け持ちをして、こちらに先に顔を出してくれ21時頃から次の飲み会に行った人、
遅れてきた人、21時頃から参加してくれた人・・・
本当に皆、忙しい中集まってくれて嬉しかった^^



  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/08(Thu)

東京滞在2日目 

2007年11月8日

友人との約束が急遽キャンセルとなり、一日ポッカリ空いてしまったが、
疲れが出たのか、私もこの日は起き上がることができなかった。

結局、友人が帰宅した23時頃までずっと寝ていた。
そして夜も睡眠薬を飲んで、早々に眠りについた。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/07(Wed)

東京到着!! 

2007年11月7日

久しぶりの東京到着!
何だか「遊びに来た」というより「帰ってきた」という気持ちになった。

友人とは東京駅で別れ、私はそのまま丸の内へ向かった。
以前、勤務していた丸の内。随分久しぶりだ・・・それもそのはず、1年振りだ。
前職の同僚とランチの約束をしていたので、待ち合わせ場所へ急ぐ。

昔、よく行ったお店にランチを食べに行った。
懐かしい・・・。1年前に戻ったような気持ちになる。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもので、もうお別れの時間。
私は同僚と別れ、東京に来た用事を済ませるために飯田橋へ向かった。
用事は2時間ほどで終了し、別の友人と待ち合わせのため池袋へと向かった。
実は今回の東京滞在は、ホテルではなく、この友人宅なんです(お世話になりました)

友人と外で夕食を済ませ、友人宅へと向かった。
東京にいる時にも一度お泊りさせてもらったことがあるので、今回で2度目だ。
友人は明日も仕事、私も今朝は早かったのでお互い早々に就寝。

明日会う予定をしていた友人から夜メールが入り、体調を崩し明日は難しいとのことだった。残念だけれど仕方ない。
会いたい人はたくさんいるけれど、今回は絶対に会っておきたい人と約束をしていた。
会えないのは残念だけど、また次回会えることを期待しよう。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/07(Wed)

東京へ出発 

2007年11月7日

今日は久々に東京へ行く。今日から10日まで東京にいる予定だ。
今日用事を済ませ、残りの日程は全て友人と会うことになっている。
今回東京に行けば、恐らくしばらくは行くことは無いだろう・・・
会える人には、できるだけ会っておきたい。

結局、毎日予定を入れて東京へ出発した。

東京までの新幹線は友人と一緒に行くことになっていた。
この友人のことは10年ほど前から知っているが、深く話をしたことがあまりない。
でも、今日は少し話をしないと・・・

新幹線に乗ると向こうから話を振ってきた。

「昨日の件、帰ってから嫁に聞いたよ」

「そうなんだ・・・」


やはり友人の両親とは全くうまくいっておらず、それがかなりのストレスになっているようだ。
友人は自分なりの考えを話し始めた。
正直、私も少し奥さんのワガママが酷いとは思っていたので、相談されるたびにその話はしてきたが、彼女は自分を変えられないと言う。
友人はそんな彼女に対して、少し嫌気が差してきたという。
彼曰く、少しでもいいから努力しようという姿勢はないのかと。

でも、私から見ると彼女はほんの少しだけれども確実に変わってきていた。
少しずつ努力をしている姿が伺えた。
その事を話した上で

「人は簡単には変われない。彼女のことをもう少し長い目で見てあげて欲しい。
彼女も一生懸命努力をしているからこそ、少し鬱っぽくなっているんだと思うし」


「でも、俺といることで鬱になるなら一緒にいる意味があるのかな?って思う」

「別にうつ病ってわけじゃないし、やっぱり彼女も一生懸命頑張っているんだから、あなたも彼女を応援してあげないと。私は同居もしたことないし子供もいない。だから彼女の苦しみを本当には理解できていないかもしれない。だけど病気の辛さだけは分かる。彼女に私と同じ病気になって欲しくないの。少し鬱っぽい傾向があるって言ってるし、ずっととは言わない、今だけでいいから仕事後にお友達と遊ぶ時間を少しガマンして、奥さんとの時間を作ってあげて欲しい。」

「でも仮に病気だろうと、それは本人の問題だから、俺がどうこうできることじゃないし、結局は本人次第でしょ?」

私は愕然とした。

「でも奥さんだよ?誰かの支えなしに頑張っていくのは大変だし、もし本当に私と同じ病気になって働けなくなったらどうするの?彼女が働かないと子供もいるし困るでしょ?」

友人はひとこと

「難しいな・・・俺、そういうの苦手だし結局は本人の問題だから、俺は変わるつもりは無い」


と言っていた。私は正直ショックだった。
一番苦しい時に夫が支えてくれなくて何が夫婦なの?と思った。
この人に彼女を幸せにできるのだろうか・・・
少し前から2人の間でチラホラ離婚の話が出ていたが、私は2人とも知り合いだし
やはり離婚せずに上手くやっていけるなら、それが一番だと思っていたので応援していた。

でも、この日初めて彼女は離婚した方が幸せになれるのでは??と思った。




  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/06(Tue)

相談 

2007年11月6日

例の奥さんからメールが来た。かなり疲れている様子だった。

「何だか最近、前の鬱っぽい症状が出てきた気がする・・・」

私は心配でたまらなかった。

「とにかく今日は何も考えないで、ゆっくり休んで。何かあったら連絡してね」

と返信をした。
病気の辛さは私が一番よく知っている。
全ての人と言うのはムリがあるけれど、せめて私の知っている人は私と同じ病気になって欲しくない。こんな辛い思いは私だけでたくさんだ。

私は友人である旦那さんの方にメールを送った。
ちょうど私は明日から10日まで東京に行く予定があり、旦那さんも東京で仕事があるそうなので、東京まで同じ新幹線で行くことになっていた。

「遅くにごめんね。理由は明日話すから今日はできるだけ早くお家に帰ってあげて。よろしくね」

旦那さんからは「了解!」と返信があった。



  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/05(Mon)

彼からのメール 

2007年11月

彼からメールが来た。思ったより早かった。
それは、恐らく私の予感が的中しているであろうことを示していた。

電話で話すことにし、主人がいない夜彼に電話をかけた。

「どう?気持ちの整理ついた?」

「うん」

「今はどう思っているの?」

「何とか家庭に戻れそうだと思う。やっぱり空と分かれた時に、もう一度嫁さんとやり直そうって自分で決めたことだから」


予想通りの返事が返ってきた。

私は少し怒りが込み上げてきた。
この人は、どこまで自分のことしか考えていないんだろう。
この人は、何も考えていないのだろうか。
私が彼の事を吹っ切れたと連絡した直後に、私への気持ちが甦ってきたと言って連絡を絶ち、挙句の果てに家庭に戻れる気がすると言っている。
どこまで私の心をかき乱せば気が済むんだろう・・・

そう思うと怒りと同時に、彼への気持ちが一瞬にして引いていった。

「この程度の男だったのか・・・」

そんな思いが湧き上がってきた。

どうせ家庭に戻るなら、なぜ吹っ切れたと言った直後にまた私を混乱させるようなことを言ったんだろう。
なぜ自分の心の中にしまっておいてくれなかったんだろう。

心の底から彼への恋愛感情が消えた瞬間だった。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.11/03(Sat)

先生に報告 

2007年11月

今日は通院日。一人暮らしを始めることを先生に報告した。
病院を変えるつもりは無いので、新しい家に引っ越しても通う予定であることも伝えた。

先生には

「引越しをしたら少し調子が悪くなるかもしれないね」

と言われた。

また一人暮らしに対する緊張が出てきた。
大丈夫。私は自分で自分にいい聞かしていた。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
病院  | CM(0) | Top↑
2007.11/01(Thu)

引越し準備 

2007年11月

主人は

「まずは一人暮らしの練習だと思えばいいよ。調子の悪いときは家に戻ってくればいい。調子の良い時だけ新しいマンションに行くって感じで焦らず少しずつ一人暮らしに慣れればいいよ」

と言ってくれる。

そして部屋の掃除から荷物の移動、全て手伝ってくれた。

悲しいことにワンコは2頭まで&小型犬のみという条件だったので
アメコカちゃんは主人に託すことにした。

恐らくこのペースでいくと11月下旬には一人暮らしが始まるだろう・・・

母と姉、そして上司にも一人暮らしを始める報告をした。
少し緊張する。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。