05月≪ 2007年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
スポンサー広告  | Top↑
2007.06/29(Fri)

帰宅 

2007年6月

夜、主人が迎えに来てくれた。
母の帰宅を待って、母に挨拶を済ませ私は実家を後にした。

主人には早く帰ってきちゃってごめんね。と言うしかできなかった。

後で聞いた話だが、主人は迎えにきた時の私を見てショックを受けたらしい。
良くなりかけてた病状が一気に悪くなっているのが一目瞭然だったそうだ。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/28(Thu)

帰省5日目 

2007年6月

やはり体調が悪い。帰りたい気持ちでいっぱいになった。
主人に電話をしてみた。
私は泣きながら調子が悪いことを訴えた。
主人は

「今からすぐに迎えに行く」

と言ってくれたが、母に帰ることを話してから帰りたかったので
明日、迎えに来て欲しいと頼んだ。

姉に実は2日ほど前から調子が悪いということと、明日帰ることをメールで連絡した。

母が帰宅後、母にも明日帰ることを話した。

「明日ね、主人に迎えに来てもらうことにした。やっぱり調子が悪くて・・・」

「どういうふうに調子が悪いの?」


「う~ん・・・やっぱり緊張してるみたいで眠れないし、顔も痙攣するし、母が仕事に行っている間に私は家事をするつもりでいたのに、結局何もできない自分もイヤだし」

「緊張するの?気を使うの?実家なのに?」

「ごめん・・・」

「何もしなくていいし、ゆっくりしていったらいいのに・・・」

「調子が良くなったら改めて帰ってくるから」


母は納得してくれた。やっと明日帰れる。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/27(Wed)

帰省4日目 

2007年6月

この日も昼は姉の家で姉と姪と一緒にいた。

が、どうも調子が悪い。過呼吸&動悸が治まらず、顔も少し痙攣し始めた。
けれど、調子が悪いとは言えなかった。心配をかけたくなかった。

昼間に母からメールが届いた。
今夜、少し話がしたいという内容だった。私は病気の事を聞かれると勝手に思い込み
話はしたくないと返信をした。母からは分かったと返信があった。

夜、やはり調子は優れず眠れない。
ワンコ達は少しの音にも反応して吠えることが多かった。
母に叱られた。本来、団地では犬を飼ってはいけないことになっている。
この団地はたくさんの住人が犬や猫を飼っていて、暗黙の了解のようになっているが
母は、万一どこかから苦情が出た場合、ここに住めなくなるから・・・と言っていた。
確かにそんな迷惑はかけられない。
今度はワンコ達が気になって眠れない。
そうすると、別の部屋で寝ているにも関わらず、母は私が起きていることが気になって眠れないと言う。
母は朝から仕事をしているので、申し訳ない気持ちと同時に少し窮屈な気持ちにもなった。



  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/26(Tue)

帰省3日目 

2007年6月

今日は昨日より調子が良かったので、姉と姪とワンコ達と一緒に公園に散歩に行った。
姉は母と同じ団地に住んでいる。

昼は姉の家で食事をし、夕方前に帰宅した。

夜、上司に電話をした。
ずっと話すことができなくて自分の中に溜まっていた彼との事を全て打ち明けた。
私は泣いていた。
彼は私の元上司だった。私の異動後付き合うようになったけれど、新しい上司は彼の上司でもあったので、上司も彼の事はよく知っていた。

彼との事を知っているのは、友人2人だけで、しかも彼の事を知らない。
彼の事をよく知っている人に話を聞いてもらえて、いろいろアドバイスも頂いて少し落ち着いた。

上司は彼の事を酷評した。あまりにも酷すぎると。
でも、何よりも私の体調が良くなることが先決だから、急いでキライになる必要もないし
忘れられないなら忘れなくてもいいんじゃない?と言ってくれた。

上司との電話を切った直後、先日メール交換した彼女からメールが来た。

実家に帰ってるんだってね、早く帰ってきていっぱいグチ聞いてね

と書いてあった・・・またまたビックリした。まだグチがあるのか・・・


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/26(Tue)

帰省2日目 

2007年6月

帰省2日目、私は母に叩き起こされた。
母は仕事をしているので、一緒に朝食を食べようと私を起こした。
私は起きれる感じではなかったが、ダラダラするのは良くないと無理やり起こされた。
仕方なく一緒に朝食を食べ、母が出勤後また寝た。

昼間に姉が来たようだが、起き上がれず姉はすぐに帰ったらしい。

夜になっても起き上がれず、この日は一日中寝ていた。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/23(Sat)

久しぶりの実家 

2007年6月

夜、車で実家に向け出発した。実家到着は22時頃の予定。
3ワンコも私と一緒に帰省することにした。

実家に到着し、荷物を運ぶため母に下まで降りてきてもらった。

母は主人にお世話になっているお礼を言って、荷物を運ぶのを手伝ってくれた。
久しぶりの実家・・・
私は16才の時からほとんど実家には住んでいない。
そして、両親の離婚を気に今の家に引越しをしたので、私は今の実家に住んだことはない。
年末年始の帰省で何泊かする程度だ。

とりあえず、夜も遅いのでこの日は寝ることにした。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/20(Wed)

帰省 

2007年6月

最近は、ずいぶんと調子が良い。
形はどうであれ、母に話して秘密がなくなったのは良かったかもしれない。
母には姉から話をしてくれたそうだ。

最初は黙っていたことを、かなり怒っていたらしいが、姉が諭してくれたらしい。
少し内容を聞いてみた。

「何でも心配すればいいってもんじゃない。過剰に心配することで、本人には返って負担になることが多々ある。」

「誰が産んだと思ってんの?」

「お母さんの心配の仕方は、自分が安心したいだけの心配の仕方だ。そっとしておくことも大切なこと」


などなど、姉が話をしてくれたおかげで母からはあまり連絡はない。

主人とも話をし、少し帰省することにした。
私の体調も、ずいぶん良くなってきたし今後のことも考えないといけない。
主人の様子を見ていて、私は1つ提案をした。

「私、1ヶ月くらい実家に帰ろうか?1人になってゆっくり考えたいでしょ?」

主人は迷った様子だったけれど、言い難そうに

「そうしてくれる?」

と言った。

突然だが、明日から1ヶ月ほどの予定で帰省することになった。
主人が車で送ってくれると言ってくれた。



  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
2007.06/01(Fri)

秘密がバレた日 

2007年5月

主人の携帯に1本の電話があった。主人のお母さんからだった。

私は、まだ母に病気の事を話していなかった。
引越しについても転勤だと嘘をついていた。
どうやら私と連絡がつかないと心配をして、なぜか主人の自宅へ電話をしたらしい。
主人の自宅の電話では新しい番号がアナウンスされるようにお願いしていた。
が、新しい家ではモデムの関係で電話が使えなくなっていた。
どうやらモデムは東と西で仕様が違うらしい・・・

最近、主人も私も携帯を変更し、私の携帯は銀行引き落としの手続きが間に合わず
払い込み用紙が届いていたようだが、どうも見落としていたらしく電話が止まっていた。
主人も携帯番号が変わっていた。離婚もしていたので私の母には当然知らせていない。

そこで私の母が取った行動は、主人の実家へ電話・・・だった。
そして主人のお母さんから主人に電話が入ったのだった。

私の母は、何でもとことん追求するタイプだ。
こういう事が起きると自分の納得がいくまで調べ上げる。
主人のお母さんが言うには、私の母は今から1時間以内に連絡が取れないと私の会社に連絡するといっているとの事。
特に誰かが亡くなったとか、一大事と言うわけでもないのに自分が不信に思ったことは
納得いくまで追求しないと気がすまない人。

どこの家庭にもあると思うが、諸事情により私は絶対に実家には帰りたくなかった。
そして私の母は、病気の事を知ると必ず過剰なほど反応し、毎日のように連絡が入るような気がして、どうしても話したくなかった。

でも、会社に電話をされると、全てがバレてしまう。
仕方なく私は母に電話をした。

病気の事は伏せて、今は主人と一緒にいることを説明した。
主人と話をさせて欲しいと言うので、電話を変わった。
私は母が主人に失礼なことを言うのでは・・・とヒヤヒヤした。

結局、何とか話は終わったが、もう隠していても仕方ないと思い姉に電話で相談をした。
そして母に病気の事を話すことにした。

近々、一度実家に帰ることを約束し、母と電話を切った。
かなり疲れた一日だった。


  


FC2ブログランキング
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
日記  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。